40代同士の恋愛を確実に結婚へ繋げる方法

はじめに

あなたは20代のカップルが楽しそうにはしゃいでいるのを見て、「わたしももう少し若かったら、恋愛も結婚ももっと簡単にできたのになあ」なんて遠い目をしていませんか?

確かに20代の頃と同じ方法で恋愛をするのは難しくなっていますが、今までいろいろな経験をしてきた40代だからこそできる恋愛もあります。

今回は大人の女性に向けて、40代同士が恋愛を結婚に発展させるために、押さえておくべきポイントについてお話しします。

1.40代男女が恋愛をするにあたって抱えている悩み

まずは、40代男女が恋愛でどんなことに悩んでいるのか見ていきましょう。

1-1「この人でなければ」という決め手がない

それなりに社会経験をつんできた40代同士は、常識的なふるまいができるし、デートもそれなりに楽しむことができます。

とはいえ相手に失礼がないように振舞うあまり、あたりさわりのない会話をしてしまいがちです。

社会的な立場もあるので、行動も慎重になってしまいます。

その結果、「この人でなければ」と思えるほど、お互いを知る機会がないまま、数回デートをしただけで終わってしまうことがあります。

1-2稼ぐ力を期待されている

40代は、仕事がようやく軌道に乗り、少し生活に余裕が出てくる頃です。今まで頑張ってきた結果、周りよりも多くの収入を手にしているかもしれません。そんな稼ぐ力を得たあなたは、専業主婦希望の女性よりも断然モテる存在です。

だけど稼ぐ力に注目されると、誇らしい反面、自分の収入をあてにされているような気分になってしまいます。結婚したら経済的負担が増えるのではないかと、複雑な気持ちです。だったら自分ひとりのほうが気楽だと思えてしまうのです。

1-3相手の生活リズムに合わせることが不安

40代にもなると、お互いに独自の生活リズムができあがっています。

プライベートを一緒に過ごす相手ができたら楽しいけれど、今までの生活リズムが崩れてしまうことに不安を感じます。若い頃と違って、十分な休息を取らないと仕事のパフォーマンスに影響が出てしまうからです。

結局、自分が消耗してしまうくらいなら無理して相手に合わせる必要もないと、踏み込んだ関係に進むのをためらってしまうのです。

2.40代同士の恋愛を確実に結婚へ繋げる方法

一見、恋愛や結婚が難しそうに思える40代ですが、いくつかのポイントを押さえれば恋愛を結婚に繋げることはできます。ここではその方法をご紹介します。

2-1 ときめくかどうかで判断しようとしない

「恋愛できないのは、ときめく相手に出会えないからだ。」

あなたはこう思っていませんか?

「ときめき」は、脳内でドーパミンという物質が放出されている状態です。残念なことにこのドーパミンの量は、年齢とともに減っていくと言われています。40代のときめきセンサーはかなり弱っている状態なのです。

ですからときめきだけに頼らずに、信頼感や安心感といった、ふたりで積み上げていけることを重視しましょう。

温かい温泉にじんわりと浸かるような心地よさこそ、40代同士の恋愛なのです。

2-2 40代ならではの良さを素直にアピールする

40代の今だからこそ持っている魅力で勝負しましょう。

2-2-1稼ぐ力がある

自分の仕事を持っている女性は、相手に経済的に依存する必要がありません。

そんな女性と結婚することで、男性は家族を養うために仕事をするのではなく、やりたい仕事に集中できます。

男性がこれからの人生を自分らしく過ごすことを、応援することができるのです。

稼ぐ力のある自分と結婚すれば、お互いの人生をさらに発展させていけることをアピールしましょう。

2-2-2ピンチに強い

長い間社会でもまれてきた40代女性は、ちょっとのピンチには負けない強さがあります。

男性は意外とピンチやプレッシャーに弱い一面があるので、いざという時に頼りになる女性を潜在的に求めています。

どんな逆風が吹いてもあなたとなら乗り越えていけると感じた時、男性はあなたのことを生涯のパートナーとして考え始めるのです。

2-2-3細かいことを気にしない

人生経験が豊富になるにつれて、細かいことを気にしないおおらかさが備わっていきます。

男性の失敗に対しても、

「人生長く生きていると、たまにはそんなこともあるよね」と、

笑って励ましてあげることができるでしょう。

そんなあなたと一緒にいると、男性は毎日をのびのびと過ごすことができるのです。

2-2-4与えられた生活で満足できる

結婚への夢と希望で溢れている20代女子に比べて、現実が見えている40代は地に足の着いた結婚生活を送ることができます。

例えば結婚というイベントでは、婚約指輪、結婚指輪、結納、結婚式、ハネムーン、新居への引っ越しなど多くの出費がかかり、男性にとって大きな負担です。

40代女性なら、今あるものを活用して、できる範囲でイベントを楽しむ知恵があります。

男性は自分が与えたもので、女性が満足してくれているかを気にするものです。

小さなことでも喜んでくれるあなたの笑顔は、男性に幸せを与えることができるのです。

2-3徹底的に相手を理解すること

一時の恋愛で終わらせないためには、相手を理解することに注力しましょう。

2-3-1隠された本音を理解しようとする

あなたに本音と建て前があるように、男性にも不安に思っていることや抱えている悩みがあります。

不安や悩みが大きければ大きいほど、男性は本当のことを言いません。

さらには、本心とは違うことを言うことさえあります。相手の言った言葉をそのまま鵜呑みにせずに、

「なぜ彼がそういう発言をしているのか」背景まで理解するクセをつけましょう。

彼の置かれている立場や環境、日頃の彼の行動や思考パターンにヒントがあるはずです。

「あの人には全てお見通しなんだよな」こう思わせたら、しめたものです。

2-3-2相手の肩書だけで判断しない

40代男性は、職種や役職など、社会的な肩書で判断されることが増えています。

だけど立派な肩書があるからといって、男として万能なわけではありません。肩書はいわば、社会に対して背負っている看板のようなものです。社会的立場がある人こそ、プライベートでは重い看板を下ろし、素の自分に戻りたいと願っています。

肩書を通して相手をみるのを辞めて、ひとりの人間として向き合いましょう。男性は本来の姿で居させてくれるあなたに対して、これ以上ない居心地の良さを感じるはずです。外での役割を終えたら、真っ先にあなたの元に帰りたいと思うことでしょう。

おわりに

40代同士の恋を結婚に繋げていくイメージが湧きましたでしょうか。人生経験を積んできた今だからこそできることに目を向けていきましょう。そして、相手のことを心から理解することに力を注ぎましょう。自分の生き方が確立している40代同士は、恋愛と結婚が案外近い位置にあるかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください