【婚活パーティー】一人参加のススメ

婚活ライターのいまいけい子です。

婚活パーティって興味はあってもちょっと一人で参加するには
ちょっと敷居が高いですよね。

30代になって本格的に婚活をしたいけれど
婚活パーティーに一緒に行く友達がいない…。

友達は既婚者ばかり、数少ない独身の友達と予定を合わせて
参加となるとどうしても回数が限られる。

だけど、一人で参加なんてできない…!

そんな、一人で婚活パーティーに行くことに抵抗があるあなたに、
一人参加のメリットをご紹介します。

 

 1. 一人参加はこんなところが不安

一人参加になんとなく抵抗感を感じていても、その理由が
どこにあるのか、自分ではなかなか分からないものです。

あなたには次のうちのどんな不安が当てはまるでしょうか。
不安な人の心境になりきって考えてみてください。

1-1 一人は恥ずかしい

「一人で婚活パーティーに参加するって、
もうなりふり構ってられない感じが、必死感が凄まじい感じがする。

まあ実際必死なんだけど。

まだ20代なら『興味本位で来てみた』が通用するけど、
そんなのはイタ過ぎる言い訳に聞こえるに違いない。

あの人1人で来てるよ、ガチじゃん。

と思われてしまうことが、ただただ恥ずかしい、
ああ恥ずかしい。」

1-2 友達がいない人だと思われそう

「ただでさえ参加するのに抵抗がある婚活パーティーに
わざわざ一人で来るなんて、友達がいない人だと思われそう。

出会いの場なのに男性にマイナスの印象を持たれてしまうのでは
ないかと不安になる。」

1-3 一人だと自分のテンションを上げられない

「知らない人ばかりなのに、気軽に話す人がいないなんて、
自分のテンションが心配。

友達と行けば友達と喋っているだけでそこそこのテンションでいられる。

終始低いテンションで過ごすという悪い予感しかしない。」

1-4 とにかく一人は不安で心細い

「まずこの婚活パーティーがどんな感じかも分からないのに、
一人で行くことが怖い。

詐欺だったら…、ぼったくられたら…。

一人は危険だ。」

1-5 話す人がいない

「パーティーの間中、ぽつんと一人で、話す人もいなかったらどうしよう。

もし、女性側とも話せるような婚活パーティーだったとしても、
女性同士仲良くしてくれる人ばかりかどうか分からない。

友達と一緒に行く、あの『確実に話せる人がいる』という安心感が欲しい。」

 

2. 不安の理由

2-1 1人参加を恥ずかしいと思う理由

女性が交際相手探しにがっつく事が「恥ずかしい」、「痛々しい」というイメージが、男性よりも強いのではないかと思います。

それは女性が男性から「求められる性」であったから。

男性から愛されること、追われること、女性は受身でそれを享受することが、かつては、そして今でも恋愛や結婚の典型として残っています。

1人で婚活パーティーにガチ参加する自分は「誰からも求められない女性」であるようで、そんな圧力と視線を感じてしまい耐えられなくなるのではないでしょうか。

しかし、昔と違って今は誰もが結婚する時代ではありません。

女性も男性も「普通に」生きてきたのに結婚ができないなんてことはよくあります。

男性はその稼ぎだけでは女性を養えないし、女性は男性に養ってもらわなくても自分1人なら生きていけます。

誰かと付き合わなくても刺激的な娯楽は溢れ、独身だからと白い目で見られることもなくなりつつあります。つまり、結婚をしたい女性は、男性を待っているだけでは結婚ができないという状況です。

現代では「結婚」は自分から求め、手に入れようとしないと手に入りにくいものとなったのです。

 

2-2 友達がいない人だと思われたくない理由

一般的に友達が多い人の方がコミュニケーション上手な人、充実した人という印象があります。

友達がいないと思われたくないのは、コミュニケーションがとれない人、暗い人と思われたくないから、という向きが強い人は多いのではないでしょうか。

しかし、婚活とは結局は1対1の人間関係です。

誰かと知り合う時に、その人の友達も家族も関係ありません。

1人参加のあなたが男性と言葉を交わし、発展が無かったとしても、それはあなたのことを「友達がいない女だから」と思ったからではなく、単に「あなた」と合わなかっただけです。

 

2-3 テンションを上げたい理由

初対面の相手と話す時にノリ良く話したい、そんな思いから友人と参加したいと思う人もいるのではないでしょうか。

知らない人が集まる場に1人で行くのは婚活パーティーに限らずちょっと勇気がいりますよね。

会場までの道のりや着いてからの会話が無いと、勢いが足りず見知らぬ人との会話のきっかけを作れるか不安になります。

 

2-4 一人が不安で心細い理由

今や婚活パーティーはあちこちで開催され、ビジネスとして大きな市場となっています。

様々な業者が開催する婚活パーティーがあります。

食べログやぐるなびで検索してお店に行くのとは異なり、集まる人も分からないため、どんな雰囲気のイベントになるのかも分からない。数時間地獄の居心地の悪さを味わうかもしれない。そんな不安から誰か絶対的な仲間が1人欲しくなります。

しかし絶対的な仲間がいても、婚活での成果は変わりません

友達がいれば「今日のパーティー最悪だったね」と帰りにお茶でもして帰るのでしょうが、パーティー参加の目的は誰かと感想を共感するためではないはずです。

もしパーティー内容に不安があるなら口コミや参加者の声を徹底的に自分で調べてみましょう。

不安を自分でなくしていくのです。絶対安心な大手のパーティーにだけ参加するというのもアリです。

例えば、こちら。

 

2-5 話す人が欲しい理由

小学校から何かとペアを組まされたり、グループ行動があったり、協調性を叩きこまれて育った私達は集団の中、一人でいることに居心地の悪さを感じがちです。

知らない人ばかりの集団の中だと(特に仲良くなくても)ちょっとでも知っている人がいると安心するものです。

 

3. 本当はメリットばかりの一人参加

3-1 真面目なタイプの男性が寄ってくる

1人参加することで、「ちょっと友達と興味本位で来てみただけ♪」という女性よりも真剣に婚活をしているイメージを持たれるので、同じように真剣に結婚を考えている男性が寄ってきます。

 

3-2 友達に気兼ねなく自己演出できる

いつもより女性らしい恰好、言動など、普段の自分を知っている人がいない分、存分に自己演出ができます。女友達の目を気にしてうまく振る舞えないなんてこともありません。

 

3-3 男性から話しかけられやすい

友達同士で喋っているとどうしても内輪ノリになりがちです。

既に会話が成立してる場は他人にとってはとても入り辛いものです。

それに対して1人でぽつんとしている女性ほど話しかけやすいものはありません。

話しかけられたら笑顔の対応を心がけましょう。

とりあえず笑顔を作るだけで大丈夫です。会話のきっかけはそこから産まれます。

 

3-4 友達と同じ人が気になるという心配がない

女性から男性に対する人気は偏りがちです。

初見であの男性いいなと思った相手は、だいたい女友達もいいなと思っています。友人が婚活のライバルになるのはやっかいです。

しかも変に情報共有して、あの人友達にも連絡してた!と余計な情報を得てしまうことも十分あり得ます。

1人で参加するとそんな心配は皆無です。

 

3-5 男性と話す時間が長くなる

友達と参加すると、相手の男性にも友達にも気を使って「みんなで」盛り上がる会話をしないといけません。

会話の内容も限られるし、なにより、友達がいる分1対1で会話するより会話のターンが激減します。

グループでの会話はノリやテンションは高めでも、それきりということがよくあります。

突っ込んだ会話をしてないと次に繋がりにくいものです。
真剣に婚活する人にとって1対1の会話は効率的です。

 

4. まとめ

1人で婚活することが当たり前となった筆者ですが、そんな私も最初は友人と一緒に婚活パーティーなどに参加していました。

しかし婚活している友人も減ってきて(泣)、初めて1人で参加するときはとっても緊張しました。

真冬の夜、会場を見つけたものの入るのにためらい、寒空の下会場付近を何週もグルグル歩いた時は、どうして私がこんな目に合わなきゃいけないんだと泣けてきました。

それが今は恥ずかしげもなく真っ直ぐ入れます。婚活で1人参加がマイナスに働くなんてことは一切ないと分かりました。問題なのは自分の気持ちだけ。

最初は勇気がいりますが、スピードと効果両方を得られますよ。
是非トライしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

いまいけい子

4年間の婚活で、出会いと別れを繰り返すも全く結婚に近付けない30代独身女性。婚活サイトで出会った人に、家が火事だとデートをドタキャンされたのを最後に婚活に終止符を打つ。「結婚できない」ことが自分の人生を見つめ直すきっかけとなり、もっと自由に、もっと楽しく、自分で人生の舵取りをして生きようと模索中。