高齢処女におすすめの婚活方法

はじめに

学生時代は勉強や部活に、社会人になったら仕事にと忙しく過ごしていて気づいたら年齢=彼氏いない歴になってしまったという女性は案外多いです。恋愛経験がないということはもちろん処女だということです。今や高齢処女の割合も多く、決して珍しいことではありません。

そんな高齢処女の女性がいざ婚活をしようとすると、経験値の低さが災いして一体どうしたらいいのかうろたえてしまうでしょう。というのも、恋愛経験がないということは初めてのことばかり。そこで、今回はそんな高齢女性の方におすすめの婚活方法についてご紹介します。

1.高齢処女の特徴

まずは簡単に高齢処女の特徴についてご説明します。高齢処女という大きなくくりにはなりますが、彼女たちには共通する特徴があります。もちろん全く当てはまらないケースもありますが、大部分はこれからご紹介する特徴に類似している考え方や経験をしたということが多いのではないでしょうか。

1-1性行為に悪いイメージを持っている

まずは、「性行為自体に悪いイメージを持っている」ということです。性行為に関する話は公の場で大きな声でするものではありませんが、決して悪いことではありません。しかし、高齢処女の場合には性行為自体を必要以上に深く考えてしまい、性行為をすることが悪いことであるというように刷り込まれてしまっているパターンがあります。そのため、性行為をするなんてもってのほか、友達同士であっても性行為に関する話はタブーだという認識になっています。

1-1-1親から性行為は悪いものだと教え込まれた

この「性行為=悪いこと」という考えは、親から教え込まれたというケースが多いです。小さいころに、テレビドラマでキスシーンが流れてくると親がサッと消したり、Hな雑誌を見ると、こんないかがわしいものを見て!と教育された女性にこの傾向が強いです。

小さいころは親が言うことが絶対です。正しい正しくないに関わらず、親が言っているのだから間違いないと疑いもせずに信じ込んでしまいます。

ある程度の年齢になると性行為が決して悪いものではないと気づく女性も多いのですが、それでもなお性行為がいけないことだという刷り込みが消えない女性も一定数います。その結果、性行為が悪いことと認識してしまい、男性と付き合う機会があっても性行為に至る前にお別れしてしまうということもあります。

1-1-2性行為への恐怖

また、性行為が悪い物だと認識している女性は、性行為への恐怖心も持っています。いくつになっても初めてのことをするのには勇気がいります。性行為が悪いものだと思っている女性であればなおさらでしょう。

高齢処女であっても、性行為が初めては痛いものだという情報は入ってきているでしょう。その痛みを頭の中で想像しすぎてそんなことできないと考えてしまっている女性もいます。せっかく彼氏ができても、性行為を恐れすぎているために進展することなく終わってしまい結果的に高齢処女になったというパターンも案外多いのです。

1-210代の頃から恋愛への興味が薄い

女性の中には、恋愛が人生で一番大切!という人もいれば、恋愛なんてどうでもいいと考えている人もいます。恋愛に重きを置いていない、恋愛への興味が薄い人は気づいたときには高齢処女になっているということが多いです。

恋愛をする暇があれば仕事に打ち込んでいたい、友達もいるから別に恋愛しなくても困ってない、というのは特に20代女性に多いです。そのまま30代を迎えて、周囲が次々と結婚していくのにふと気づいたときには自分だけ彼氏がいたこともなく、恋愛のやり方がわからないという悩みを抱えてしまいます。

1-3リアルな男性との接点がなかった

女子高や女子大に通っており、そのまま就職した先も女性ばかりの職場だった、などの場合は男性との接点が普段の生活ではほとんどありません。そのため、男性と付き合う機会もなく高齢女性になってしまったというパターンです。

そもそも男性と出会う機会がなければ彼氏を作ることもできません。周りも同じ状況だからとぬくぬくと暮らしていたらいつの間にか高齢処女になってしまいます。

2.高齢処女に必要なことは正しい性教育

それでは、高齢処女に今後必要なことは一体何なのでしょう。高齢処女でも婚活で彼氏や結婚相手を捕まえるために必要とされることは「正しい性教育」です。普段は性について友人などと話す機会はありますか?自分が処女だからといってそういった話題は無意識に避けているのではないでしょうか。

2-1処女であることを恥じる必要はない

高齢処女の女性は、必要以上に自分が処女であるということを恥ずかしく思う傾向にあります。というのも、この年齢まで処女=誰にも必要とされなかったかわいそうな女性だと思われたくないからです。高齢処女ということ自体をコンプレックスに思っている女性も多く、処女だということで積極的になれないこともあるようです。しかし、実際には処女だということを恥じる必要はありません。男性にとって好きになった相手であれば処女であろうと処女でなかろうとそう重要なことではありません。むしろ処女だということで喜ぶ男性も非常に多いのです。コンプレックスに思うよりも、自分の今までの生きてきた証だと誇らしく思うぐらいで良いのです。

2-2性行為とはコミュニケーションの一つ

今までに経験がない高齢処女に多いのが、性行為に対して必要以上に身構えてしまうということです。下手だと思われたらどうしよう、相手が満足しなかったら、などと不安に思ってしまうかもしれません。しかし、性行為で必要なことはテクニックがあるかどうかではありません。性行為は男性と女性の愛情を確かめ合う手段の一つです。決して悪い物ではないと認識しましょう。

2-3男性が求めているのはテクニックではなくストーリー

男性は女性にテクニックを求めているわけではありません。処女だからテクニックがなくて心配だという場合でも、心配する必要はありません。男性が求めているのは、愛情の確認の他にはストーリー性です。例えば職場の上司と部下、先生と生徒の関係、夏の海での出会いなど出会いのシチュエーションからそこに至るまでの過程を楽しんでいるのです。

2-4高齢処女におすすめの性のセミナー

高齢処女の方に正しい性教育、といってもなかなか自分一人では今までの考え方を変えるのは難しいでしょう。そこで、おすすめのセミナーをご紹介します。

私が高齢処女の方に一番おすすめのセミナーは岩熊権造さん性のセミナーです。

このセミナーでは、性行為=悪いことと考えてしまう根本的な原因や解決方法、初めての性行為を行うにはどうしたらよいのかということをわかりやすく丁寧に解説してくれています。今までの自分の考えを払拭したいと考えている高齢処女に特におすすめです。

3.高齢処女におすすめの婚活方法

それでは、高齢処女の方には一体どのような婚活方法がぴったりなのでしょう。一番気になるところではないでしょうか。

結論から申し上げますと、高齢処女であっても婚活は他の方と同じように普通に行うことです。高齢処女だからといって男性が拒絶するということはないでしょう。重要なことは、正しい性教育をうけて、悪いイメージや性行為に対する恐怖心を取り払っておくことです。

それでももし高齢処女であるということを気にしてしまっている方には、処女だということが逆にプラスに働くサイトがあります。それが処女専用婚活サイトである「クロスポート」です。

このサイトに登録している男女比は、7:3で男性の方が圧倒的に多いのです。このように、処女を求めているという男性も多く、処女だということをコンプレックスに思う必要は全くないのです。

おわりに

「高齢処女」という言葉を聞くと、なんとなく下に見られている気がするでしょう。実際に経験したことがある女性は処女をバカにする傾向があります。しかし、全く気にする必要はありません。高齢処女であっても、自分が今まで生きてきた証なのです。

ただし、高齢処女に関してコンプレックスに思っているのであれば婚活を始める前にしっかりと正しい性教育を受けて、大人の恋愛を心身ともに堪能してほしいと切に思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください