婚活を早く終わらせたい人必見 理想の結婚相手とは

はじめに

 

こんにちは、婚活ライターのももこです。

「とっとと婚活を終わらせて幸せな結婚生活をしたい」
なんて思っているのに、現実は厳しい…。

そう思っている方、大勢いるのではないでしょうか。

私もそんな一人でした。

でも当時の私の理想の結婚相手をよーく考えてみたら
「なんだか自分に合わないかも」と気づきました。

そしてもしかして避けてきたタイプの中に理想の相手がいるのかも…と
考えて行動してみたら結婚に至ったのです。

今日は自分の理想の相手を見つける方法とお付き合いの仕方をお伝えします。

 

1. 婚活が終わらない三大理由

Aパターン 出会いたい人のイメージが明確でない

「タイプの人ってどんな人?」と聞かれて中々答えられなかったり、
言えたとしても人物像が漠然としていてわかりにくい、ということはありませんか。

「どこかにいい人いないかな」と思ってもその「いい人」が明確になっていないと
実は出会っていても気が付いていないことがあるんです。

せっかく「いい人」に出会ったのならそれに気が付きたいですよね。

そうすれば今よりもっと結婚が近づきます。

 

Bパターン 理想の人が周囲にいない

逆にイメージできる人物像は完璧なんだけど、
それに合った人がいない、ということもあるかもしれません。

よくよく考えてみるとその人が本当に実在しうるのか
考えたことはありますか。

繊細だけど豪快、という人はいませんし、まじめだけど面白い、もいない。

自分のことを振り返ってみたらわかると思いますが、
どんな人でも偏りがあることの方が多いですよね。

それを考慮してみると、「繊細でまじめ」とか「豪快で面白い」といった
理想像が浮かび上がってきて、理想の人が現実味をおびてくるんです。

 

Cパターン 結婚生活のイメージができない

理想の相手に出会っているとはわかっているけど、
その人との結婚生活がイメージできていない場合もあると思います。

そうすると、「本当にこの人と結婚していいのかな」
「ちょっと不安だからやっぱり辞めておこうかな」という気持ちになり、
結局は一歩が踏み込めず結婚に至らない。

でもそんなの、とってももったいないです。

理想の相手に出会ったなら、結婚生活のイメージができるくらい、
とことんお付き合いしてみましょう。

そうすればいつの間にか結婚に近づいていること間違いなしです。

 

2. パターン別の対策

Aパターン イメージを明確にする

A-1 今までの恋愛を一度振り返ってみよう

今までどんな人を好きになったり、どんな人とお付き合いしましたか。

好きになった人・付き合った人の特徴を事細かに書き出してみましょう。

例えば、
「身長が高くてマッチョで、少し細かいところがある。
デートの時にはいつも元カレが誘ってくれたしプランニングしてくれた。」
という具合に。

A-2 どんなタイプとうまくいかなかったか考えてみよう

さぁ、書き出しましたか。
その人たちは全員、あなたとはうまくいかなかった人たちです。

「でも私はそういう人が好きだから、仕方ない。」というあなた。
過去の恋愛を思い出してみてください。

付き合った当初は楽しかったけど、だんだんと辛くなってきて、
しまいには彼への執着で付き合っていませんでしたか。

 

A-3 今まで付き合ったことがないタイプはどんな人か想像しよう

次に、だまされたと思って書き出したタイプとは逆の人をイメージしてみましょう。
そして具体的に書き出してみましょう。

そうやって出来上がったのが、あなたに合ったキャラクターの持ち主
なのではないでしょうか。

今まで慣れたタイプの相手とは逆のタイプですから、
もちろん最初は抵抗があることでしょう。

でも一度そういう人と会ってみてはいかがでしょうか。
新たな発見があるかもしれませんよ。

 

Bパターン あなたにとっての理想の相手とはどのような人か

B-1 理想の結婚生活が送れる

主婦になって一生贅沢に暮らしたいという人は、
資産家と結婚する必要がありますし、
土日はパートナーと一緒にランチに行きたいという人は、
土日がお休みの男性と結婚する必要があります。

理想の生活をかたっぱしから挙げてみるといいでしょう。

そして書き出した内容に矛盾がないかどうか、チェックしてみましょう。

もし矛盾があるのなら、優先順位をどうするのか、考えてみるといいでしょう。
理想の相手像がより一層明らかになります。

 

B-2 理想の夫婦関係が築ける

続いて、理想の夫婦関係についても挙げてみましょう。

例えば、いつも引っ張ってくれる関係がいいな、
と思ったら男性は女性より精神年齢が低めと言われていますから
有る程度年齢が上の人を選ぶといいでしょう。

ただ、「私の意見を聞いてくれる人」を求めるのであれば
引っ張ってくれる人と相反するので、同時に求めるのは考えものです。

引っ張ってくれる人は自分の意見がありますし、
意見を聞いてくれる人は自分の意見があまりない場合が多いからです。

 

B-3 理想は自分ひとりで解決できないか

例えば、「海外在住」という肩書に憧れて駐在妻になりたい人。
海外に住むためには自分が仕事で海外に住めば解決します。

贅沢な暮らしも自分の収入が多い人と実現できます。

本当に結婚しないと解決できない理想の生活なのか、今一度振り返ってみると、
案外自分の結婚の理想は結婚しなくても解決できるものだったりします。

すると、それは理想から除外することが出来ますよね。

そうして理想をスリム化してみると自分が理想だと思っていたタイプとは
別の人物像になるかもしれません。

 

Cパターン 結婚相手として適切か確認する

C-1 あなたの意志を尊重してくれますか

あなたが「デートで○○に行きたい」と言ったとき、
あるいは「結婚したら○○してみたい」と言ったとき、
相手はなんと返事したでしょうか。

「俺は△△に行きたいからそっちにしよう」とか
「俺は結婚したいから△△がいいな」とか、
いちいちあなたの意見に対して張り合ったり、
そうでなくてもあなたの意見が通らなかったりしていませんか。

もちろん、相手にも意見はあるでしょうから、
それを言ってもらうのは大事です。

でもその結果、いつもあなたの意見がないがしろにされているなら
結婚生活でも同じ状況が容易に想像できます。

自分の意見が尊重されているかどうか、今一度振り返ってみてください。

 

C-2 お互いの得意分野を生かせますか

相手と一緒にいて、自分の長所が生かされているなと感じられると
今後の結婚生活も楽しいと感じられます。

例えば、自分は旅行のプランニングが得意で相手は計画するのが苦手だと、
自分の得意分野が生かせますね。

また、家の整理整頓が好きな自分とあまり上手ではない相手、
なんていうのもいいかもしれません。

逆に相手と一緒にいると自分の短所ばかりが目立ってしまうなら要注意です。

自分の短所ばかりが目立つ相手と一緒に居ると、段々と自分がそこにいる意味を
見失いがちになるのが人間です。

 

C-3 一緒にいて疲れませんか

婚活していると結婚自体が目標になって、忘れがちなので結婚生活の長さです。
30代で結婚すると大体50年くらい。

40代でも40年くらいは相手と一緒にいるわけです。
当然自分の家族より長い付き合いになります。

ドキドキワクワクするわけじゃないけど、なんとなく落ち着くな、
と思える相手なら結婚生活も心地よく過ごせるでしょう。

 

まとめ

 

婚活が終わらないのはいつまでも同じ方法で結婚しようとするからです。
終わらせるためには今の考え方から一旦、離れてみましょう。

かつての私は身長と収入にことさらに執着しましたが、
結局その思考の殻から一歩外に出たことでぐっと結婚に近づきました。

だまされたと思って、ぜひ一度思考の殻を破ってみてください。

そこには新たな結婚への道が続いていることでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ももこ

こんにちは!夫とこどもの3人暮らしのアラフォーです。数々のお見合いと合コンを繰り返し、婚活の迷宮に入って10年以上。理想の相手探しから理想の自分探しにシフトして、自分を見つめ直したら、ぱかっと道が開けました。方向転換は幸せな結婚への近道かも。道に迷う婚活女性のナビゲーターです。