【婚活体験談】絶対に彼女がいないと思いこませる遊び人

こんにちは、ブストスと言います。
私の婚活体験談を投稿します。

 

私は現在32歳。

 

そろそろ結婚したいと思っていて、ちょこちょこ
婚活しているのですが、婚活っていうはじめましての
出会いが苦手なので、身近なところで普通に恋愛したいと
思っています。今のところは…笑。

 

以前写真サークルに行っていたのですが、
(フットサルに懲りず色々なところに出没しています)
そこでいい感じの素敵な男性と出会いました。

彼の名前をKさんとします。

 

写真のセンスやちょっとポロっとこぼすことが面白く
仲間内でもとても人気なKさんでしたが、

いつも
「オレ、週末写真撮りに行くか、寝てるだけからな~。」とか
「さみしー。オレも合コンして~。」とか言うので
この人には彼女が絶対いないと確信できました。

そして私は「いい物件発見!」とばかりに近づいていきました。

 

みんなで写真撮りに行くツアーを計画して、
LINEを聞き出し、私もさりげなく?存在感をアピール。

それからは写真サークルの飲み会でも気軽に話せるようになったので、
次は1対1で会おうと意気込み、彼の好きなお酒が飲めるお店を
誘ったのですが、仕事が忙しいと断られてしまいました。

 

かなりショックでしたが、仕事が忙しいのは仕方ない。

 

それに写真サークルでは向こうから話しかけてくれるので
仕事が忙しいのも嘘ではなさそうだったので、落ち着いたとみられる
三か月後にまた1対1で誘ってみました。

 

すると、、、、、、、

 

「ごめん~。また次のプロジェクトが入っちゃって・・・」

 

とのこと。

 

そっかぁ。どうすればいいんだろう?
と、あの手この手で誘ってみてもなかなか誘いにのってくれません。

 

こりゃ無理なのかなーと思っても、
サークルには来るし、あちらから話しかけてくるし、
私が企画するイベントには喜んでくるのです。

 

しかもことあるごとに、みんなに聞こえるように

 

「うぉ~、仕事が忙しすぎて合コンにも行けね~」とか
「仕事か寝てるかだけだよ」とか言うんですよね。

 

これはもしかして私に対するアピール!?

やっぱりもっともっと誘ってほしいんだよね?

もしかしたら超奥手で女の子を誘えないのでは?

 

と思って、私はより張り切って彼にLINEするようになったのですが
返事は良好。結構楽しいやり取りができているし、何と言っても
彼の返しが面白くてたまらないのです。

 

これはもう(付き合うのも)時間の問題だな~。

 

そう思った私は、彼氏ができたものだと思って
余裕ぶって生活するようになりました。

 

こんなやり取りをして早1年。

 

ある日、写真サークルの主催者からこんなLINEが届きました。

================

K君が今度めでたく結婚することになりました~!!!
彼女とのお付き合いはなんと10年にもなるそうです。
意外と一途なK君くんなんですね。

来週、K君にサプライズ婚約パーティーをしようと思っています。
もちろん内緒で彼女も呼びます!

お手伝い頂ける方は連絡くださいね。

皆でK君の門出を祝福しましょう~★

================

 

えっ、えっ、え~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

な、なんと彼には10年も付き合っている彼女がいたのです。

 

そして私が余裕ぶっている間に着々と結婚の準備をしていたのです。

 

もう驚愕してスマホを持つ手が震えていたのを覚えています。
これって現実?
私彼氏持ちだって勘違いしてた?

 

自分の情けなさに呆然です。

 

 

後から聞いたのですが、彼は色んな女性に気を持たせることが
好きな遊び人だったみたいです。

 

長い期間つきあっている彼女がいるにも関わらず、
そうそう別れる気もないけれど、自分のことを気に入ってくれる女を増やし
ちょっとした恋愛モードを楽しみたいようです。

 

 

今にして思えば、「K君て彼女いないの?」くらいは
聞いておけばよかったかなと思います。

 

ちゃんとわかってやってたんですよね。

 

悔し~!!!

だけどかっこよかったから何か許せちゃう自分もいます(笑)。

 

でも、もう同じパターンにはのらないぞ。

 

管理人からの一言

人間、とっさにウソをつくのって意外と罪悪感があって出来ないものですが、
彼はそんなとっさのウソをつかなくて済むように彼女いないキャラを
装っていたのかも知れませんね。お見事な手際です。

こういうこともブストスさんが明るく振り返って笑い飛ばしている
感じがいいですね。

元気よく次へ行ってみましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブストス

32歳。フットサルに挫折したソフトボーラ―。長打力が自慢。