実は狙い目!知られざる35歳男性の結婚願望とは

はじめに

結婚を意識し始めたのはいいものの、相手は結婚願望があるのかないのか。昨今の晩婚化が進む中、結婚に対して男性がどう考えているのか気になる女性も多いことだろう。

女性と男性では結婚に対しての価値観も違うもの。結婚願望を持つ男性とはどういった人なのか。

ぜひこういった疑問の参考にしてほしい。

1.男35歳は岐路に立たされている

1-1「最後の転職のチャンス」

35歳ともなるとある程度のキャリアを重ね、これからの自分の身の振り方も考え始める頃。転職を考える男性も少なくない。転職市場においては35歳ともなると、最終キャリアを考えることになる。つまり35歳という年齢は最後の転職のチャンスとなるのだ。

1-2「身を固めてしまう恐怖」

そんなキャリアに対する葛藤もある中で、結婚という身を固める覚悟を持つのは勇気がいる。家族を持つことになれば、自分1人だけで仕事に関しても決められないし、新たなことにチャレンジをするのも難しくなるだろう。そういった考えから結婚に躊躇する男性も多くいる。

1-3「結婚に対する焦り」

しかし35歳という年齢を考えた時に、やはり自分の家庭を持つという選択肢も一度は考える男性がほとんどだろう。晩婚化が進むとはいえ、30代後半からの結婚率はそう高くないのも事実。このまま独身で人生を終えるのか、そういった焦りも出てくる年齢である。また子供を持つことを考えれば、若い父親に憧れる男性も多いだろう。

 2.男35歳が結婚しようと思う時

2-1「友達が続々と結婚していく時」

35歳ともなると、友人からの結婚式の招待状もこれまでに何通か届いたであろう。人づてに同級生が結婚したと聞いたり、『あいつが結婚?!』なんて思ったり。1年で何回も結婚式に呼ばれたりすると、やはり自分も結婚を・・・という考えも頭をよぎる。結婚式で幸せそうな友人の顔を見るたびに結婚願望を強く持つようになる男性も結構いるのは事実だ。

 2-2「友達が子育ての話をしだした時」

結婚式に続き、同年代との会話からも結婚や子育ての話題になることも多い。20代で結婚した友人から、小学生の子供が勉強ができないとか、運動会で活躍したと、写真なんかを見せられると、やはり父性がくすぐられる。自分の子供はさぞ可愛いだろう、どんな子供になるだろうと想像を掻き立てられる。家庭を持ちたいという気持ちから結婚願望につながるケースもある。

 2-3「親からのプレッシャー」

そして結婚を考える最大の要素とも言えるのが親からのプレッシャーだ。35歳ともなれば親からの小言も言われるだろう。まだ結婚しないのか、孫の顔が見たい。これまで育ててくれた親に、死ぬ前に孫の顔を見せてあげたいと考える男性もいる。自分では結婚に対して無関心だった人も、親から言われて、結婚を考え出す人や、婚活に励む人もいるだろう。

3.男35歳がまだ結婚したくないと思う時

3-1「今の仕事に満足していない」

反対に男性が結婚したくないと思う時は、今の仕事で満足のできるような結果を残していなかったり、まだまだキャリアを伸ばしたいと考ている時期。異性にうつつを抜かしてる場合じゃないと思い、仕事を第一優先として日々の生活を送っている人だ。35歳は新卒で入社した会社ならば中堅社員に当たる。成果が求められて当然のポジションにいる人が多いだろう。仕事で結果が欲しいと考えている時期は結婚は二の次になってしまっても仕方ないのだ。

 3-2「自由がなくなる一抹の不安」

次に考えられるのが、生活が縛られるのではないかという不安から結婚を考えない男性も多い。独り身のときと違って、家族に時間を使うことが多くなり、自分の好きなことや趣味などを自由にできなくなる不安を覚えるようだ。今まで自由気ままに過ごしてきた分、反動による不安も大きい。1人暮らしの男性はなおさら窮屈な生活をイメージしてしまいがちだ。

 3-3「自分が自由に使えるお金が少なくなる」

時間とともに結婚のデメリットとして上がるのが、お金の問題。自分が稼いだお金を、奥さんや子供のために使うことになり、自分の使えるお金が少なくなるのではないかと結婚に消極的な考えを持つ男性も大勢いる。ある程度キャリアも重ね、会社からの給与も高くなったのに、それを自分で自由に使えないのは嫌だという男性の思いも理解できる。女性よりも男性の方が給与が高いケースがしばしばで、何か損をしているような気分になると考えて、結婚したくないと思っているのだ。

4.結婚願望あるなしでははかれない男の習性

女性の目線からすると、付き合う時に結婚願望があるか気になるところだが、実際のところ多くの男性は結婚という言葉を大して本気で考えたことはない。つまり付き合う時に結婚願望がある、ないで未来を判断するのではなく、男性にいかに結婚したいと思わせるかが重要なのである。上記で述べたような、男性が結婚を考えるタイミングに、結婚相手として魅力的な女性であることが大切であり、そうでなければ付き合った時に結婚願望があったとしても、結婚には至らないだろう。男性は、この人を手放したくない、この人となら家庭を持ちたいと思った時に、結婚という覚悟を初めて持つのである。

535歳男性と結婚する方法

ズバリ相手にとって価値ある存在になる必要がある。

多くの男性は結婚に対してメリットだけでなくデメリットも感じている。つまりは男性に、メリット>デメリット と感じてもらうことで結婚に前向きになってもらえるのだ。この人といることで、自分にとって良い未来があると思えなければ男性は結婚には踏み出せない。35歳ともなれば、勢いやノリで結婚するという若さもないだろう。この人といると元気になる、癒される、苦しい時に支えてくれる、尊敬できるなど、1人の時よりも2人の時の方が力が出ると思ってもらえる女性になるしかない。自分の幸せと同時に相手の幸せも考えることが大切だ。

おわりに

女性は、結婚願望のない男性が多い。と嘆くのではなく、結婚を前向きに考えてもらえるような存在になることで結婚に近づくのではないだろうか。そんなの無理だと思うかもしれないが、難しく考える必要はない。相手のことをただ理解しようという姿勢を持つことが大事なのだ。そんな女性が近くにいるだけで男性は大きな力になる。自分にはこの女性が必要で代わりがきかない唯一無二の女性だと思うのである。 婚活の一番の近道は、小手先のテクニックよりも、相手を理解する人間理解ただ一つなのである。最後に、婚活女性が唯一無二の女性になるために人間理解を学ぶのであれば岩熊権造さんの発信をおススメしたい。ぜひ一度読んで頂きたいと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

田中学

一人旅を愛するゴールキーパー