プロフィールを制する者が婚活を制す 戦略的サイト活用法

婚活サイトを使った婚活法は、数ある婚活方法のなかでも根強い人気を誇っています。

気軽に始められるし、日常生活では出会えないような数多くの異性と
出会える点が魅力ですよね。

その婚活サイトを活用するにあたり、避けて通れないのがプロフィールの掲載です。

面倒だと思うかもしれませんが、このプロフィールの出来こそが婚活の成否を決める
といっても過言ではありません。

プロフィールとは、言うなれば獲物をおびき寄せる“餌”です。

魅力的な餌であればあるほど魅力的な男性が集まりやすく、
結果にもつながりやすくなります。

そんな婚活サイトのカギをにぎるプロフィールの書き方について解説していきます。

 

1 プロフィールを書く前に

1-1 いいプロフィールとは

婚活サイトにおけるいいプロフィールとはどんなプロフィールでしょうか。

ここでは、「自分のアピールポイントがきちんと表現できていて、
かつ、あなたがターゲットとする男性に突き刺さる」プロフィールと
定義することにします。

女性であれば、いい加減なプロフィールを載せたとしても、
登録するだけである程度のオファーはくるかもしれません。

けれども、その中にあなたが会ってみたいと思うような男性が
含まれていなければ意味がないですよね。

大事なのは「量ではなく質」です。

プロフィールの書き方に正解はありませんが、いいプロフィールを書くためには
「自分をどのように見せたいのか、そして、どんな男性を引き寄せたいのか」
ということへの自覚が必要不可欠です。

ぜひ、戦略的にプロフィールを書いて、ステキな男性を引き寄せてください。

 

1-2 どんな男性をターゲットにするのかを事前に想定する

プロフィールに限らず、優れた文章にはすべからく「読み手への意識」があるもの。

読み手が想定されていない文章は、漫然とした印象をあたえがちです。

これをふせぐためには、プロフィールを書き始める前に
「どんな男をターゲットにするのか」を想定しておく必要があります。

まずは、婚活においてどんな男性を求めているのかを認識することから始めましょう。

あなたが結婚相手に求めるものは何でしょうか?

年齢、お金、価値観の一致…?
この段階では誰に遠慮する必要もありません。
心に浮かんだ条件や要望を列挙していってみてください。

同時に、結婚生活に望むものもあげていきましょう。
仕事は続けるのか、子どもは欲しいのか、
パートナーとはどんな関係を築いていきたいのか…?

そして、どんな男性であれば自分が望む結婚生活が送れるのかを
イメージしてみましょう。

次に、上記であげた男性の条件や要望を、
優先順位の高いものから順に並べてみてください。

そうすることで、あなたが一番重要視している男性への要望や、
結婚への価値観が明らかになります。

「どこまで理想を求めていいのか」と疑問がわいた場合は、
需要と供給の原理を思い浮かべてください。

相手に求める要求が高ければ高いほど、当然自分も同等かそれ以上の価値を
与えられなければ相手にしてもらえません。

自分の魅力と相手に求める条件を天秤にかけながら、
“釣り合いのとれた”ターゲット像を探ってみてください。

 

2 プロフィールの書き方

2−1 オリジナルティのあるプロフィールをめざそう

2-1-1 何の印象にも残らないプロフィールとは

プロフィールを書くうえで一番避けたいのが
「何の印象にも残らない」プロフィールです。

当たり障りのないことしか書かれていないと、誰の心にも突き刺さりません。

例をあげてみましょう。

はじめまして。私は都内でOLをしています。
出会いがないので登録してみました。

性格はのんびりです。
友だちからは、明るいとか優しいとか言われることが多いです☆

仕事は大変ですが、職場の人にも恵まれ、毎日楽しく働いています♪

趣味は、ショッピング・ヨガ・漫画など。
友だちとワイワイ過ごすのも、家でのんびり過ごすのも好きです。

一緒にいて楽しくて、話が合う方と出会えたら嬉しいなぁと思います。
よろしくお願いします!

 

どうでしょうか? 悪いことは書いてありませんが…
はっきり言って何の印象も残らないですよね(笑)。

こういう響くものが何もないプロフィールを載せている人って多いです。

ためしに、婚活サイトに男性として無料で登録し、
他の女性のプロフィールを読んでみてください。

上記のようなプロフィールをたくさん目にするはずです(笑)。

これはチャンスとも言えます。

当たり障りのプロフィールが多いなかでオリジナルティのあるプロフィールを
載せることができれば、注目される可能性が高まります。

「私には際立った個性なんてない…」と思う人もいるかもしれませんが、
特徴のない人なんていません。

どんな人にも固有の性質や経験があるもの。
褒められた記憶や印象的なエピソードなど、自分について一度棚卸しをしてみてください。

 

2-1-2 印象に残るプロフィールとは

アピールポイントが思いついたら、それをどのように表現するのか
考えていきましょう。

たとえば、明るさを長所としてアピールしたいとします。
一口に“明るい”と言っても、いろいろな明るさがありますよね。

どんなコミュニティでも盛り上げ役になってしまうような
ムードメーカー的な明るさもあれば、

口数は少ないけれど、場の空気を和ませるような朗らかな人柄を
明るさと評することもあるでしょう。

生まれつき明るいのか、それとも苦難を乗り越えた末に獲得した
明るさなのかによっても、“明るい”を表現する方法は変わってくるはずです。

“明るい”という単語を使わずに、文章全体で明るさを感じさせるような
テクニックもあります。

このように、自分のどんな性質を“明るい”という言葉で表現したいのか、
またどんな表現法だと効果的なのかといったことを深く掘り下げいくことで、
プロフィールにぐっと深みをもたせることができます。

また、あえて弱点をさらすというのも手です。

弱点には親しみやすさや人間臭さを感じさせる効果があるだけではなく、
裏を返せば弱点こそが長所であるケースが多々あるからです。

たとえば、あなたの弱点が“ズボラ”なことだとしましょう。
あなたにとっては欠点以外の何物でもないかもしれませんが、
書き方によっては好印象を与えることも可能です。

一例をあげます。

私は職場ではしっかり者で通っており、真面目で几帳面だと言われることが多いです。
でも、実は根がズボラです(笑)。

外でキチっとしている分、家ではダラダラしていることが多く、
休みの日にゴロゴロしながら海外ドラマを見るのが至福の時間です。

家事に関してはズボラな性格を活かすべく、
「いかに短時間で効率良く済ませるか」を常に考えています。
そのため、冷蔵庫に入っている食材でパパっと作れる料理の
レパートリーが増えました。

このプロフィールでは、あえてズボラという弱点をさらすことによって、
親しみやすく人間臭いキャラクターを浮かび上がらせています。

また、ズボラの特徴である「無駄を嫌う性質」を長所にすり替えることで、
家事力のアピールにも成功しています。

他の多くの女性のプロフィールの中に埋もれずに、
男性の印象に残るような、オリジナリティの高いプロフィールを目指してください。

 

2−2 あなたが貢献できることを書こう

1-2で求める男性像の条件をあげてもらいましたが、
ただただ自分の要求をそのまま書いたところで、
ターゲットの男性をおびき寄せることはできません。

たとえば、
「私は不器用なところがあるため、
お相手は器用で余裕のある方を望みます」などと書く人は本当に多いのですが、
このプロフィールではターゲットの男性からオファーがくる可能性は低いでしょう(苦笑)。

男性側のメリットが何も見えてこないからです。

 

では、ターゲットの男性を引き寄せるにはどうしたらいいのでしょうか。

オススメの方法は、「あなたがお相手に貢献できる点をアピール」することです。

そうすることで、あなたと結婚することのメリットを示せるし、
「この人といたら何かいいことがありそうだな」と男性に期待感を
もたすことができるようになるからです。

結婚したら、あなたがパートナーに貢献できそうなことは何でしょうか?

家事能力やお金に関する知識など、“いい奥さん”を連想させるような
王道のアピール法もあるでしょうし、共働き希望の男性に対して
「家計を支える」意識を押し出すのもありでしょう。

また、お互いの弱点を補い合うような関係性をイメージさせるのも手です。

たとえば、器用で要領のいい男性をターゲットとした場合、
どんな貢献ができるのか考えてみましょう。

一見すると、器用な人は得ばかりしているように思えるかもしれません。

ですが、器用であるがゆえに損をしたり、悩んだりすることだってあるはずです。
たとえば、“器用貧乏”なんていう言葉が示す通り、なまじ器用なので
あれこれやってしまうけど、どれも中途半端になって大成しない場合もあるでしょう。

また、さほど努力しなくても大抵のことができてしまうため、
全力を出した経験が少なく、人生に退屈しているなんてこともあるかもしれません。

一方、不器用な人は何事も簡単には習得できないため、
努力家である場合が少なくありません。

また、周りからフォローしてもらえるよう、
可愛がられる術を習得していたりもします。

これらの「不器用であるがゆえの長所」を貢献できるアピールポイントとして
盛り込んだプロフィールの例をあげますので、参考にしてみてください。

私は基本的に不器用で、そこを何とか努力と愛嬌で補ってきたような人間です。

なので、器用で割と何でもできちゃうけれど、人生に退屈していて
刺激が足りないという男性とは、相性ピッタリだと思います!

私と一緒にいれば、ハプニングがありつつも、退屈しない楽しい毎日が
過ごせるかと思います(笑)。

 

 

2−3 余計なことを書かない

プロフィールにおいて余計なこととは、「わざわざ書く必要がないこと」
もしくは「印象を悪くしてしまう一言」です。

せっかくアピールポイントをうまく表現できていたとしても、
余計なことが書かれているだけで印象を悪くしてしまう可能性があります。

まず、あえて言う必要がないことは省く意識を持ちましょう。

たとえば、プロフィールの冒頭で
「職場に出会いがないので、思い切って登録してみました」などと書く人は多いですが、
登録している時点で出会いを求めていることはわかりきっていますので、
あえて書く必要はありません。

また、どことなく「自分は本来はこういうサイトに登録するような人間じゃない」
というような余計なプライドの高さも滲み出ています。

プロフィールの書き出しは、その後の文章も読んでもらえるかどうかが
決まる大事な箇所。

読み手を惹きつけるような書き出しを目指してください。

「何でも言い合えて、笑いのたえない関係を築きたいです」などの
ありきたりな表現もじゃんじゃん省いていきましょう。

読み手に何の印象も残さないばかりか、肝心のアピールポイントまで
伝わりにくくしてしまう恐れがあります。

また、印象を悪くしてしまうような余計な一言も書かないほうが無難です。

たとえば、
「健康的な男性が好きなので、太りすぎている男性はごめんなさいm(_ _)m」
のような表現は、上から目線な女性という印象をあたえてしまいます。

対象外の男性からオファーが来ても、スルーすればいいだけのこと。
あえて男性を制限するようなことは書く必要がありません。

プロフィール欄という限られたスペースで自分を表現するとき、
なんとなく書いていい一言などありません

一つ一つの言葉に対し、読み手がどんな印象を受けるのかということを
想像しながらプロフィールを書くクセをつけてください。

 

3 婚活サイトにおける写真の重要性

3-1 写真で足切りされたら終わり

男性のプロフィールを見るときに、真っ先に目に入ってくるものとは何でしょうか?

そう、「写真」です。

婚活サイトにおいて、写真は一にも二にも大事なポイント。

『人は見た目が100パーセント』なんてドラマがあったように、
見た目から判断されてしまう側面は確実にあるものです。

特に男性は、女性以上に異性の見た目を重視する傾向があります。

多くの男性は、登録されている女性をまずは写真で判断します。
ここで目に留めてもらえないと、どんなにすばらしいプロフィールを書いても
肝心の内容まで見てもらえない可能性が高くなるでしょう。

写真で足切りされないためにも「あなた至上最高のベストショット」を用意してください。

 

3-2  写真を用意する前に

写真を撮る前に、プロフィールの内容と照らし合わせて
「男性にどんなイメージを与えたいのか」を考えてみましょう。

たとえば、「家庭的でおしとやかな女性」というイメージを与えたいなら、
表情は柔らかで、メイクはナチュラルで、パステルカラーの服を着て…というように、
イメージをふくらませていきます。

スタイルのよさをアピールしたい人は、
顔のアップ写真と全身写真の両方を用意するといいでしょう。

せっかくいいプロフィールが書けても、写真から受ける印象と
プロフィールから受ける印象がマッチしていなければ、読み手は違和感をおぼえます。

それを避けるためにも、写りのよさだけでなく、
プロフィールの人物像とマッチしているかどうかという視点から
掲載する写真を選びましょう。

 

3-3 注意点

3-3-1 加工アプリで盛りすぎはNG

自分を実際以上によく見せようとしてついやってしまいがちなのが、
加工アプリでの過度な修正です。

肌をキレイに見せる程度の加工ならよいのですが、
目の大きさや鼻の形を変えるなど、もはや原型をとどめていないレベルにまで
「盛る」のはやりすぎです。

加工された写真というのは、案外男性に見抜かれてしまうもの。

また、仮に見抜かれなかったとしても、
ハードルを上げ過ぎてしまうと実際会ったときに相手をがっかりさせかねません。

そこから挽回できるという強者は別ですが(笑)、
加工アプリには頼りすぎないほうが無難でしょう。

あるアンケート調査によると、男性から見て好感度の高いプロフィール写真は、
「1位:自然な感じ」、「2位:笑顔・楽しそう」でした。
(参考サイト:マイナビニュース調査『300人に聞く、Facebookで好感度の高いプロフィール写真とは?』

結局、笑顔で自然に写っている写真が一番好まれるということです。

とはいえ、もちろん手抜きはNG。
少しでも美しく見えるよう、撮影前にメイクや髪、服装に気合を入れてから
写真撮影に臨んでください。

 

3-3-2 撮影場所に気をつける

写真を撮る際は、背景となる撮影場所にもこだわりましょう。

明るい場所のほうが写りがよくなるので、外で撮る場合は晴れた日に、
室内なら光が当たる場所で撮るのがベスト。

反対に、暗い場所で撮影するとあなたまで暗く見えてしまう可能性があるので、
避けたほうが無難です。

また、背景はシンプルなほうが望ましいです。

主役はあくまであなた。
主張が激しい建造物の前や、散らかった部屋での撮影はNGです。

 

3-3-3 自撮りはバレないように

身近に写真撮影を頼める人がいない場合は、自撮りしましょう。

自撮りのメリットは、自分が納得いくまで何回でも撮り直せること。
角度や表情など、自分がキレイに写る術を研究できるのもいいですね。

気をつけるべきポイントは、「自撮りに見せない」ことです。

想像してみてほしいのですが、自撮りでキメ顔した写真って、
ナルシストに見えがちです(笑)。

今は自撮り棒など、他人が撮ったように見せてくれる自撮りグッズも豊富なので、
活用してみてください。

 

4 ターゲットからオファーが来るまでトライ&エラー

プロフィールが用意できたら、さっそく婚活サイトに登録してみましょう。

事前にいくら想定してみても、どんな男性からオファーがくるかは
実践してみなければ分からないものです。

ターゲットとする男性からオファーがくれば、あなたのプロフィールが
お相手の要求と見事にマッチングしていたということ。

そのまま気になる男性とのやりとりを続けていただいて問題ありません。

 

でも、男性側から思うような反応が得られなくても大丈夫。
一度で完璧なプロフィールが用意できることは稀です。

オファーをくれた男性のタイプや反応を見ながら、ターゲットとする男性から
オファーがくるまでプロフィールをリライトし続けましょう。

また、想定外の男性からオファーがくることもありえます。
興味を惹かれる男性がいたら、もちろんやりとりをしてみてください。

新たな発見があるかもしれません。

 

婚活を進めるなかで、自己認識や求める男性像が変わっていくことは自然な流れです。

最初に書いたプロフィールに固執する必要は全くありませんので、
ケースバイケースで対応していきましょう。

まとめ

婚活において多くの人が苦しむ理由は「自分に合った人になかなか出会えない」からです。

婚活サイトでメールでのやり取りを長く続け、いざ会ってみると
「想像と違った」というようことが何回も続くと、婚活への意欲が
なくなっていくのは必然です。

そんなミスマッチを防ぐ手立てこそ、戦略的なプロフィールの掲載にほかなりません。

「自分をどのように見せたいのか、そして、どんな男性を引き寄せたいのか」
ということに自覚的なプロフィールを掲載していれば、想定外の男性を引き寄せるストレスが
軽減されるので、婚活をスムーズに進めやすくなります。

書き方にさえ気をつければ、婚活においてプロフィールは大いなる武器となってくれます。
ぜひ戦略的なプロフィールを書いて、ステキな男性との出会いをつかんでください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

プロフィールは作成中です。